行動規範

1.社会に貢献することを信念とし、自信を持ってお客様と接する(規範)
・お客様の要望を正しく認識し、より良いサービスを提供する事を心掛ける(指針)
・常にお客様を中心に考え、一番いい答えを出す事を目指す。(指針)
・お客様の為にならないことは望まれても断る勇気を持つ。(指針)

2.業務に責任を持ち、関わる人と信頼関係を築く。(規範)
・業務に関わる人に嫌な思いや不利益を与えない事を心掛ける。(指針)
・業務に関わるすべての人から「ありがとう」と言われる様に行動する。(指針)
・業務を必要な人と共有し、早く正確に終わらせる。(指針)

3.失敗しても決して諦めず挑戦し実現させる。(規範)
・興味があることや面白いことを探して提案をする(指針)
・自分が関わることに関して知識や情報を取り入れて成長につなげる。(指針)
・人と接して自身の情報を発信や交換することで人脈を形成する。(指針)

4.悪いことをせず生きる。(規範)
・法令遵守を最優先に判断して行動する。(指針)
・公正な取引を心がけ、過度な接待や贈答を行ったり受け取ったりしない。(指針)
・反社会勢力との関係を一切保たず、利益に供与しない。(指針)

5.社会常識を身に着け、教養を持って行動する。(規範)
・守秘義務情報や開示情報、個人のプライバシーなど社内外での管理を配慮する。(指針)
・安全や健康のため、社内外のルールを遵守する。(指針)
・身体的特徴や国籍、宗教や思想や精神など不当に侵害しない。もし社内で見かけた場合、速やかに報告する。(指針)

TOP
TOP